上岩田の潜水橋
潜水橋

潜水橋(せんすいばし)とは河川を渡る橋の一種。沈下橋、潜没橋、潜流橋、沈み橋、潜り橋、冠水橋などともいう。

橋の上に欄干が無く、水面からの高さが高くないことが特徴である。これは、増水時に、橋が水面下に没するようになっており、流木や土砂が橋桁に引っかかり橋が破壊されたり、川の水が塞止められ洪水になることを防ぐためである。また、壊れても再建が簡単で費用が安いという利点もある。一部の橋には流木よけ(流れてきた木やゴミが桁や橋脚に直撃して壊れるのを防ぐ為に上流側の側面に設けられた斜めの部材)が設置されている事もある。

その構造から建設費が安く抑えられるため山間部や過疎地などの比較的交通量の少ない地域で生活道路として多く作られた。しかし現在では山間部でも広い道路や本格的な橋が造られること、また慣れているはずの地元住民といえども転落事故が絶えないことから徐々に姿を消しつつある。
Copyright (C) 2006 IwadaWaiwainet NameraZero All Rights Reserved

橋の側面部が丸くなって増水時に橋に流木等が当たっても流れて行くようになっている。

橋幅結構狭く慣れてないと恐怖感が沸いてくる。

バイクが渡っている。橋幅の感じがわかる。

両サイドには鉄板が埋め込まれコンクリート部の破損を防いでいる。

inserted by FC2 system