Copyright (C) 2006 IwadaWaiwainet NameraZero All Rights Reserved
虫送り
田熊の虫送り

 田植えが済み、稲の害虫除けと五穀豊穣を願う虫送りの行事が7月1日に行なわれた。岩田神社にて神主さんより、ご祈祷を受けることから始まり、祈祷を受けたお榊が田熊の地区に・・・。子供たちが行列をつくり、お榊を振りながら、田を回り、地区の下まで行かれる。以前は、笹を振りながら、「虫もハイも飛んでいけ、実盛さまのお通りや」と唱えながら、虫を追うようにして川下へ行ったとの事。今回、子供たちの行列に同行させてもらった。森田さんと言われるご老人にお話を伺った。最近では、払い唄は歌われなくなったが、昔は、川下まで行った後、となりの富田地区に「虫が飛んで行け〜」と皆で声を上げたとの笑えるお話も伺った。周りの地区では、虫送りの行事も見られなくなってきていてる中で、いつまでも田熊地区で伝承されていく事を望んで取材を終えた。

※実盛送り
西日本で行われる虫送りの行事。イナゴがその化身だとされる斎藤実盛のわら人形を作り、かね・太鼓を鳴らしてあぜ道を練り歩き、川などに流して村外へ追いやる。
inserted by FC2 system